スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花都のタクシー

広州花都区のタクシーについて紹介します。
dayangtaxi

花都区では、いくつかのタクシー会社が見られますが、大洋タクシーというところが最も代表的なタクシー会社です。ここのタクシーの新車体は黄色と赤のペイントがされているのが特徴です。(*旧車体は赤のみ)

以下が花都でのタクシー料金規定になります。

1.初乗り料金は2kmまで6元。以降1kmにつき2.6元づつ加算される。(*1)
2.花都区以外で発生する道路・橋など通行料金は乗客が負担する。(*2)
3.15kmを超える場合、超過分の運行料金については50%の帰路空運転費用が追加され、自動的にメーターに加算される。(*3)
4.乗客の都合でしばらく停車する場合や、渋滞などで10km/h以下で走行する間は時間辺りの料金が自動的にメーターに加算される。
5.夜間乗車での追加料金、乗客の持ち込み荷物での追加料金は発生しない。

(*1)広州中心区のタクシーは初乗り7元。
(*2)高速道路料金などは、普通は運転手が払ってから、下車時にまとめて清算をします。尚、区内・区外という分け方はどこまでになるのかはよくわかりません。仮に空港まで行く場合、空港高速料金2元が乗客に請求されます。たまに帰りの分で+2元も請求されることもありますが、これは断ってください。
(*3)広州市中心区のタクシーの場合、帰路空運転費用は30km以上から発生します。ですので、花都のタクシーは長距離利用には向いていないといえるでしょう。

また、ここ数年はガソリン代の高騰のため、一回の乗車につき1元のガソリン代を徴収していますので、最終的に支払う総額は、

メーター料金+高速等道路料金+ガソリン代1元=支払う料金 

となります。

先日新世紀酒店からタクシーで空港に行きましたが、そのときはメーターが43元+高速代2元+ガソリン代1元の合計46元でした。

 しかし、中国語で値段のやり取りができて、相場感を持っている人は、ちょっとした裏技で安く仕上げることもできます。

中国では多くのタクシー運転手がメーターを倒さずに客を乗せてそのまま売り上げをポケットに入れることを日常的に行っています。客側にとってもメーターを倒さずに走ることで正規料金よりも若干安く交渉することができます。しかし、交渉によっては正規料金より高くされる場合もありますので、通常はメーターを倒してもらうのが良いでしょう。正規料金で50元でいけるところを、100元、と吹っかけてくるタクシーもまれにいますので。ちなみに、先日新世紀酒店から空港に行った際のタクシーの運ちゃんの言い値は50元でした。少し高いことがわかっていましたし、領収書が必要だったので、メーターを倒す(中国語で”ダービャオ”といいます)ようにさせましたが。

また、上記3.の規定があるように、遠方に客を送り届けた後のタクシーは、客を乗せずに元の場所に帰る、というのが基本になっているようですので、その場合、自分の目的地と同じ方向に帰るところのタクシーを捕まえると、有利に交渉でき、結構安く仕上げることができます。たとえば、花都から広州市中心までタクシーで行きたい場合は、広州市中心区から花都に客を乗せて来たタクシーを捕まえるといいわけです。

花都区新華街道公益路6号之3
花都大洋タクシ-
36885555

(関連記事)
タクシ-乗車のコツの一例(コメント内)



テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

花都のバイクタクシー

biketaxi

中国ではとても一般的な庶民の足として、よく見られるのが、バイクタクシーです。
広州市の中心区はバイクが乗り入れ禁止になっているので今では見かけられませんが、バイクの乗り入れ制限の無い花都区ではたくさんのバイクタクシーが走っています。
ちょっとそこまで行くのに結構便利で、私も危険だと分かっていてもついつい使ってしまいます。

使い方はいたって簡単、手を挙げて呼ぶか、目を合わせるだけで寄ってきます。
行き先を告げると、何の役にも立たなさそうな薄い半帽ヘルメットを渡されるので、それを被って後ろに乗るだけです。

花都のバイクタクシーは初乗りは大体3元です。
バイクには料金メーターなどは特についていないので、どういう料金システムなのかよくわかりませんが、感覚的には1-2kmまでが3元、その後約1kmで1元ずつ上がる、といった感じでしょうか。まぁ、あとは運ちゃんとのやりとりですね。
値段交渉は乗る前、着いてから、どちらでも可能ですが、目的地までの相場がわからない場合は、まず相手にいくらか言わせてみましょう。すると、だいたい適正料金よりちょっと高めにいいますので、そこを1.2元値切るとちょうど適正料金になるかと思います。値切る際のポイントは、自分が相場を知っていて、それと比べて高すぎる、という雰囲気を(うそでも)出すことです。

ちなみに、このバイクタクシーも広州では認可製になっているらしく、認可のとってある正規のバイクタクシーはみんな黄色ゼッケンのようなものを着ていて、何も着てないバイクタクシーはすべて無認可になります。まぁ、使う分にははあまり差がありませんが。違いといえば、無認可の方が若干値切り易く、正規はレシートが切れることくらいでしょうか。

ただし、花都区内で毎日のように見られる交通事故は、バイクが絡んでいるものが非常に多いです。バイクタクシーは事故の危険が非常に高いですので、自己責任で利用してくださいね。



花都生活情報 1周年

おかげ様で、花都生活情報をはじめてから一年が経ち、これを機にサイトのリニューアルを行ないました。最近記事UPのペースが落ちてきていますが(汗)、途切れないようにはなんとかやっていきたいと思います。これからもよろしくお願いいたします。

*相互リンクを募集いたします。相互リンク希望の方はお手数ですがリンク後下記でコメント及びHPアドレスを記入をお願いします。


テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

広州白雲国際空港での両替 (帰国時)

広州白雲空港から日本に帰国する際に使える両替所の情報です。

ここでは人民元→日本円(外貨)に両替ができます。

場所は、出発フロア(3F)国際線出発ゲートA1~A16への入り口付近です。
(*白雲空港では「A1~16、A17~31、B1~16、B17~31」の大きくわけて四つの出発ゲートがありますが、そのうち現在国際線出発に使われているのはA1~16になります。)

白雲両替

営業時間は朝9:30~夜9:30。
50元の手数料がかかります。
今は円高もありますので、また出張などで中国に来る機会が見込める方は、そのまま両替せずに持って帰るのがいいでしょう。

(過去関連記事)
広州白雲国際空港での両替 (入国時)

広州白雲国際空港内のドラッグストア (Mannings 万宁)

広州白雲空港ターミナル2Fに、いつのまにかドラッグストアMannings(万宁)が出来ていました。
ここでは身の回り品や化粧品、薬、スナックなどが買えます。

広州から出張に出られる方などは、持ち忘れた身の回り品等があればここでそろえることができます。
日本帰国の方は、簡易のお土産としてスナック等を購入してもいいでしょう。

場所はチェックインカウンターのある出発ロビー(3F)から、フロア中央付近にあるエスカレーターで2Fにおりると、それらしき店がすぐに見えると思います。

Mannings


また、出発ロビー(3F)の物販や喫茶店はどれもかなりの空港割り増し価格になっていますが、Manningsは一般と変わらない料金のようです。例をあげると、ノーブランドのミネラルウォーターが3Fの売店では5元もしますが、2FのManningsでは1.9元で買えます。(水が飲みたいだけでしたら、3Fの各所に飲用給水器具がありますので、それを利用すれば済みますが。)

また、2Fには喫茶店などもいくつかあり、これも3Fにある喫茶店(Oak Tree Cafe)よりは安くなっており、コーヒー1杯が3Fでは50元程になりますが、2Fでは30-40元で済みます。尚、搭乗ゲート付近までいくとさらに高いコーヒーをお目にかかることになりますので、出発前に時間が余ってコーヒーを飲みたい方は、チェックインした後に一度2Fに降りることをお勧めします。
Sponsored link↓
プロフィール

出稼ぎ小僧

Author:出稼ぎ小僧
日本人ただ一人で中国ローカル企業に出向中。花都区や広州白雲国際空港に関する質問やタレこみ情報を随時受付中です。  huadukid@mail.goo.ne.jp

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。